コーディング未経験の中高年がクラウドワークスで案件を獲得する戦略を考えてみた!

HTML/CSS
ネコヲ
ネコヲ

こんにちは。nekowoです。40代中小ブラック企業の事務員です。

最近、クラウドワークスが運営する完全オンラインの学びの場クラウドカレッジにて「Webサイトコーディングコース【初級】」を受講し、コーディングを学習しています。

 

で、せっかく大枚はたいて勉強するからにはコーディング案件を獲得したいです!

 

ネコヲ
ネコヲ

獲得してえ!仕事をガッポガポ受注して、ブラック企業から脱出してぇ~~(切実)

 

そこで、この記事ではコーディング初学者かつ実務未経験者がクラウドソーシングで案件を獲得していく戦略を考えてみました。

私と同じく、コーディング学習をスタートし、ゆくゆくは案件を獲得したいと考えているクラウドワーカーの参考になれば幸いです。

戦略① まずは相場より低単価の案件獲得を目指す

リサーチしたところ、コーディング案件に応募しているワーカーの中には、コーディングの領域を超えた実績豊富なプロの開発者ワーカーも存在します。

ネコヲ
ネコヲ

え~、そんなレベル高いワーカーと戦わないといけないわけ!?

未経験者は、まずは相場より低単価の案件を狙いましょう。

全体の平均報酬額より低価格の案件であれば、お金をガポガポ稼ぐプロの開発者ワーカーがわざわざ降りてくる確率は低下するかもしれません。

まずは相場を調べる

2022年3月某日時点、クラウドワークスマイページの検索結果から確認できる「ホームページ制作・Webデザイン」の案件数は全部で12,719件です(※募集終了も含みます)

内、HTML/CSSコーディング案件数は1,075件でした。

 

案件1,075件の募集時報酬額を調べると、固定報酬制と時間単価制に分類されます。

 固定報酬制が全体の約8割をしめています。


 

固定報酬額の価格帯別の募集数を確認すると、


期間:2021年2月から2022年3月(途中)まで ※縦軸が固定報酬額 横軸が募集数

募集時の報酬額のボリュームゾーンは、10,000~50,000円です。(※募集時報酬額は、実際の確定報酬額ではありません)

ここからHTML/CSSコーディングの相場を10,000~50,000円と仮定します。

 

ネコヲ
ネコヲ

まずは、相場より低い案件を狙って実績を積んでいくのがよさそうだな。

 

固定報酬制5,000円以下案件のレベル感は?

相場より低い5,000円以下の案件は、HTML/CSSの知識だけを求められている案件が多いです。

ただし、ほとんどの案件で「レスポンシブ対応ができること」というスキルが必要でした。レスポンシブとは、一つのHTMLで複数のデバイス向けのページを提供するためのコーディング手法のことです。

ネコヲ
ネコヲ

モバイルファーストの時代やな~

全体を通して、5,000円以下の案件はサイトの一部分のHTML変更依頼が多かったです。

固定報酬制10,000円 〜 50,000円案件のレベル感は?

最も案件数の多い固定報酬制10,000円 〜 50,000円の価格帯案件は、「HTML/CSSだけでOK!」という案件は少ないです。

5,000円以下が動きのない静的サイトのコーディングを要求されているのに対し、10,000円~50,000円案件では、サイトに動きをつけてほしいといった要望が多かったです。

ネコヲ
ネコヲ

この価格帯で、すでに高いレベルが求められているな。

固定報酬制50,000円 〜 100,000円案件のレベル感は?

こちらの価格帯のレベル感は、10,000円 〜 50,000円とあまり変わらないです。作業ボリュームが多く、その分価格が上がっているという印象を受けました。

この価格帯になると、案件獲得競争はプロ開発者ワーカーとの戦いになります。

ネコヲ
ネコヲ

もっと力つけんといかんな~。

戦略② スキルを獲得して武装する

5,000円以下の案件から10,000~50,000円の案件に移行するには、さらなるスキルアップが必要です。

案件を眺めていると、HTML/CSSの他にどんな知識が必要とされているかが見えてきます。

特に、以下3つの知識は必須といえそうです。

「JavaScript」は必須

JavaScriptはWebサイトに動きを与えることができるプログラミング言語です。

Web業界での需要は高く、エン・ジャパン株式会社が2021年7月に発表した「Webサービスの開発で使用されている開発言語 TOP10」では、JavaScriptが堂々1位に輝いています。

画像引用:Webサービスの開発環境

JavaScriptが使えること」は、案件ページを見ていて求められるスキルとして最も多いと感じました。

JavaScriptのフレームワーク

また、JavaScriptのフレームワークである「jQueryを使用する案件も多かったです。

JavaScriptとjQueryはセットで身につけるべきスキルと言えそうです。

ただ、エン・ジャパン株式会社が発表した「Webサービスの開発で使用されているフレームワーク TOP10」では、jQueryはランクインしていません。

ランキング1位の「Vue.js」もJavaScriptのフレームワークです。

ネコヲ
ネコヲ

Vue.jsは今後案件が増えてくるかもしれないな。

「デザイン系のツール(AdobeXD、Photoshop、Illustrator)」の使用経験

10,000~50,000円の価格帯案件になると、画像のやり取りも多く、デザイン系のツールに触れる機会も多そうです。

実際、「XD使用」という案件や、「Photoshop、Illustratorが使えること」という案件がちらほらと目につきました。

HTML/CSSはあくまでも基礎部分です。そこからどういう方向を目指すのかは

ネコヲ
ネコヲ

案件需要から考えていくのがよさそうね。

戦略③ 学習と同時に常日頃から種を巻いておく

ここでは、募集案件に応募する以外の案件獲得方法と、案件の獲得率を高める方法を考察します。

クライアント経由で別ジャンルからコーディング案件に移行する

クライアントによっては、コーディング案件に限らず様々なジャンルの仕事を募集しています。

例:ライター募集と、Webサイト作成を募集しているクライアント。

この場合、戦略としてはライター案件に応募し、そこで実績と信頼を積むことで、Webサイトの作成案件の受注確率が高まることが想像できます。

単発のHTML/CSSコーディング案件の受注は、なんだかんだで厳しい獲得競争が避けられません。案件単位で毎度毎度競争していくのは、どんどん疲弊していきそうです。

そもそもクラウドワークスは、クライアントとワーカーのマッチングサイトです。マッチングサイトで重要な事は、自分と相性の合うクライアントを探すことでもあります。

クライアントと信頼関係を築くことが、実は案件獲得の一番の近道かもしれません。

 

ネコヲ
ネコヲ

コーディングとは別ジャンルのクライアントであっても「コーディングを学んでいます」と種をまいておけば、思わぬところから仕事依頼が来るかもしれね~な!

案件リサーチは普段から怠らない

HTML/CSSコーディング案件は、とにかく応募倍率が高いです。

クライアント側からしてみても、たくさんの応募者を一人一人見るのはかなりの負荷がかかります。素早く応募してきた人を何人か見て、サクッと決めている可能性は高そうです。

特に案件タイトルに【急募】と書かれたものは、クライアント側は急いでいるので、真っ先に応募してきたワーカー数人の中から即決していることが想定されます。

「素早く応募」することはとても大事なので、新着案件には常に目を光らせておきましょう。

また、案件をリサーチすると、「こういったサイトを作ってほしい」といった添付ファイルを公開しているクライアントもいます。

ネコヲ
ネコヲ

リサーチするだけでも、たくさんのヒントが学べるよ~。

まとめ:案件獲得は長期戦!来るべき機会に備え鍛錬しよう

以上、「コーディング未経験の中高年がクラウドワークスで案件を獲得する戦略を考えてみた!」をお送りしました。

未経験者のコーディング案件獲得は、長期戦を覚悟しつつ、

  1. 相場より低い価格の案件で実績を積む
  2. その間も地道にコーディングのレベル上げに勤しむ
  3. 別ジャンルのクライアントであっても、そこで信頼を得つつ種まきをしておく

という3つの戦略で、虎視眈々と案件をリサーチしつつ、来るべきコーディング案件獲得の機会に備えましょう。

最後はNHKの朝ドラ「カムカムエブリバディ」の名言で締めたいと思います。

サムライ
サムライ

日々鍛錬し、いつ来るともわからぬ機会に備えよ」(By虚無蔵)

 

タイトルとURLをコピーしました